ページの始まり




ここから会社案内メニュー

会社案内メニューここまで



ここから本文

社長メッセージ

代表取締役社長 石橋久和

代表取締役社長の墨谷でございます。
平素より株式会社KANZACCに様々な関わりをお持ちの皆様に感謝を申し上げます。

当社は大正9年の創業以来90年を超える歴史と伝統を持つ電線・機能性めっき・金属管加工のメーカーです。特に電気めっきでは1964年に特許を取得して以来、約半世紀50年の実績がございます。

1963年に東洋電線株式会社(大正9年創業)と日産電線工業株式会社が対等合併し、協和電線株式会社が設立されてからちょうど50周年を迎える2013年4月、商号を協和電線株式会社から株式会社KANZACCに変更いたしました。

経営の取り扱うテーマとして、長年にわたり培ってまいりました技術の株式会社KANZACCへの伝承はもとより、新製品の開発・製品の改良・商品構成の見直しにより企業の発展に寄与し、輝きあるブランドの開発・製造・販売にまい進していく所存でございます。

メーカーの基盤はなんといっても「ものづくり」で、お客様そして社会に貢献できる「ものづくり」力を向上させ外部環境の変化にすばやく対応することを常々心掛け取り組んでおります。

当社の3事業は基本的に機能性材料をベースとした事業であり、お客様の幅広いニーズにお応え出来るよう新商品群を中心にお客様の目線で、お客様にご提案を続けてまいります。

成長の鍵を握るのは結局「人」であり、昨今の環境の変化に迅速に対応できる人材育成にも力を入れ強化を図り信頼される企業を目指し推進して参ります。

今後とも皆様の一層のご指導とご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

このページの先頭へ

本文ここまで


ここからサブカテゴリメニュー


ページの終わり