ページの始まり




ここから製品情報内メニュー

製品情報内メニューここまで



ここから本文

金属管・コルゲート 薄肉溶接金属管t/D(管の直径に対する肉厚比)は1%以下

当社の金属管の継ぎ目溶接は、完全な不活性ガス雰囲気中で行っています。
そのため、金属管は完全な気密性・水密性を保持するので、腐食性雰囲気あるいは二次加工分野でも安心して使用されています。
コルゲートといわれる地下埋設用のケーブルや、自動車の排ガス管を製造し、お客様より多大なご好評をいただいております。

「無電柱化」におけるコスト削減手段として「当社コルゲートケーブル」がテレビで取り上げられました。

テレビ東京「WBS(ワールドビジネスサテライト)」(2017年7月19日)

コルゲートケーブル

コルゲートケーブル
薄肉金属管に強度をもたせたり、可とう性を付与するために波付加工が施されます。
目的によって、波溝がらせん状に連続したものと一波毎に独立したちょうちん形のものがあります。
らせん状のものは強度を重視したもので直埋ケーブル用の外被などに、ちょうちん形のものはフレキシビリティーを重視した各種配管などに用いられます。

薄肉金属溶接パイプ

薄肉金属溶接パイプ
当社ではt/Dが1%以下の極薄で肉厚の均一性、水密性、気密性に優れたパイプを特殊なフォーミング技術と不活性ガス雰囲気によるTIG溶接技術により連続製造しています。
これらのパイプはバルジ加工、連続波付け加工、2重管加工などの二次加工用素管として重用されています。
円管の他に、薄肉の角パイプ、半円パイプなどなどの異形管も製造しています。

次世代高機能製品 KANZACC-DYNAMICシリーズ

enatube®

enatube

銅線の高周波電流特性を
大きく改善した多芯導体

EMIC-One

EMIC-One

埋設型高周波電流供給
多芯導体ケーブル

HX

HX

軽量・高強度
超薄肉溶接ステンレス波付管がい装ケーブル

このページの先頭へ

本文ここまで


ここからサブカテゴリメニュー

次世代高機能製品 KANZACC-DYNAMICシリーズ

カタログダウンロード

サブカテゴリメニューここまで


ページの終わり