ページの始まり





ここから本文

新着情報

太径コルゲートケーブルの量産を開始
〜生産能力を飛躍的に向上〜

2015年7月24日

古河電工グループの株式会社KANZACC(本社:大阪市、社長:石橋久和、以下当社)は、波付鋼管外装ケーブル(以下コルゲートケーブル)の太径サイズの量産を開始し、市場に本格投入します。当社は、約半世紀のコルゲートケーブル生産技術を蓄積しており、今後も国内シェアトップとして、さらなる拡販に取り組んでまいります。

背景

コルゲートケーブルの需要は、近年のメガソーラー設備の拡大により大きく需要が伸びています。さらに2020年の東京五輪を控え、首都圏では電線の地中化が計画されており、今後更なる需要拡大が予想されます。

一方で需要増に伴い、サイズ拡大ニーズあるいは短納期対応の要望が高まってきており、これらに対応することが課題となっていました。

増設コルゲート加工ラインの写真
増設コルゲート加工ライン

内容

このたび、当社はコルゲートケーブルの最大径50φから80φとサイズ拡大を図り太物の量産化が可能となりました。さらに生産能力も飛躍的に向上したことから、あらゆるサイズを短納期で納入することが可能となり、お客様のご要望に対応します。

この他、当社は長年、金属管の溶接で培ってきた技術力をもとに、「超気密コルゲート」「超屈曲コルゲート」といった特徴ある製品群を新たな市場に投入し、建設用途をはじめ高機能な産業用用途への展開を進めてまいります。

特徴

  1. サイズ拡大による、コルゲート製造可能ケーブルの一例
    600V CV 2心 3心 : 200sq 〜 325sq
    6600V CV 3心 : 100sq 〜 200sq
  2. 地中への直接埋設が可能です。
  3. 機械的強度に優れ、圧縮強度・内圧強度が大きくなっています。
  4. 軽量で屈曲性能に富み、布設工事が容易です。

お問い合わせ

株式会社KANZACC インフラ部品部 TEL:0463-22-1988

このページの先頭へ

本文ここまで


ここからサブカテゴリメニュー


ページの終わり